車が替わっても等級継承できる

車を買い替えたら、自動車保険は新規に契約し直す必要があると思っている人はかなりいるようです。でも、車を買い替えたとしても、車両入替の手続きを行うことで、旧車の契約をそのまま続けることができます。もちろん、等級に関しても引き継ぐことが可能ですので、新規で入るより、普通は保険料が安くなるので車両入替をするようにしたほうがいいでしょう。

等級が悪い場合は、車両入替をせずに新規で入ったほうが得なのではという疑問も出てきますが、その悪い等級を逃れることはできません。悪い等級を逃れたいがために車両入替をしないというのは許されないのです。

車の型式によって保険料を計算するために使用する料率が違いますので、車両入替をした場合は、保険料が変更になる可能性があります。残りの保険期間分の差額を計算して、安くなるのであれば返金されますし、高くなるのであれば、追加保険料を支払う必要があります。

この車両入替、ついつい手続きを忘れてしまいがちではありますが、手続きをしないと古い車のほうに保険がついている状態で、新しい車が無保険になるわけですから、必ず新しい車の納車日前日までには、保険会社に連絡をして、入替手続をするようにしてください。

一応、車両入替手続きを忘れてしまっていても、保険会社によっては30日程度の猶予があり、万が一、新しい車のほうで事故をおこしてしまっても補償される制度が用意されていますが、あくまでもそれは救済措置ですから、必ず早めに手続きをするようにしましょう。

実際いるんですよ。車両入替を忘れていて、新しい車で事故を起こしてしまう人。猶予期間内の事故であれば救済されるんですが、それを超えてしまっていれば保険は使えません。車の買い替えの際は十分に気をつけてくださいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA