車が替わっても等級継承できる

車を買い替えたら、自動車保険は新規に契約し直す必要があると思っている人はかなりいるようです。でも、車を買い替えたとしても、車両入替の手続きを行うことで、旧車の契約をそのまま続けることができます。もちろん、等級に関しても引き継ぐことが可能ですので、新規で入るより、普通は保険料が安くなるので車両入替をするようにしたほうがいいでしょう。

等級が悪い場合は、車両入替をせずに新規で入ったほうが得なのではという疑問も出てきますが、その悪い等級を逃れることはできません。悪い等級を逃れたいがために車両入替をしないというのは許されないのです。

車の型式によって保険料を計算するために使用する料率が違いますので、車両入替をした場合は、保険料が変更になる可能性があります。残りの保険期間分の差額を計算して、安くなるのであれば返金されますし、高くなるのであれば、追加保険料を支払う必要があります。

この車両入替、ついつい手続きを忘れてしまいがちではありますが、手続きをしないと古い車のほうに保険がついている状態で、新しい車が無保険になるわけですから、必ず新しい車の納車日前日までには、保険会社に連絡をして、入替手続をするようにしてください。

一応、車両入替手続きを忘れてしまっていても、保険会社によっては30日程度の猶予があり、万が一、新しい車のほうで事故をおこしてしまっても補償される制度が用意されていますが、あくまでもそれは救済措置ですから、必ず早めに手続きをするようにしましょう。

実際いるんですよ。車両入替を忘れていて、新しい車で事故を起こしてしまう人。猶予期間内の事故であれば救済されるんですが、それを超えてしまっていれば保険は使えません。車の買い替えの際は十分に気をつけてくださいね。

 

保険会社を変更しても等級継承できる

よくある質問の1つで「保険会社を乗り換えても等級は引継ぎことができるのか」というものがあります。この答えは「基本的には引き継ぐことができる」です。例えば、現在東京海上日動で自動車保険に加入している人が、ソニー損保に乗り換えたとしても、それまでの等級が引き継がれます。

「基本的に」と書いたのは、名義変更をしたりすると等級継承ができない場合もあるからです。普通に名義変更もせず、車の変更もなければ、等級を引き継ぐことは可能です。ただし、一部の自動車共済の場合は等級継承できない場合もありますので注意してください。

実は保険会社同士で一定の範囲で契約内容の情報共有がされているんですね。なんでも自由にどこの保険会社のものでも閲覧できるわけではないですが、契約を引き受けた会社は、前保険会社での契約内容を確認することが可能なわけです。これがあるから、保険会社を変更したとしても等級継承が可能になるわけですね。

この制度がなければ、嘘の申告をする人は出てくるでしょうし、証券などの書類を提出させたとしても、それを偽造する人まで出てきます。なので、等級制度を成り立たせるために、この情報共有制度は必須のものといえるでしょう。

だから、仮に保険料の見積もりの際に、嘘の等級を申告したとしても、その場は騙すことができますが、あとで必ずバレてしまい、追加の保険料を請求されることになります。いまさらなんだよ!なんて言って、暴れたとしても無駄です。追加保険料を払わなければ、事故をしても補償はされませんし、そのうち契約は解除されることになるでしょう。解除の場合、支払った保険料は返金されませんし、良いことは何1つありません。

まあ、嘘の申告をしてみようなんて人はそんなにいないと思いますけどね。

自分は悪くないのに等級がダウン

自分が悪くない状況で車に損害を被る場合も考えられます。例えば、飛び石により窓ガラスが割れてしまったとか、車上荒らしで車に損害を被ったとか。こういった理由で車両保険を使った場合、等級が3等級下がるということはないのですが、残念ながら1等級だけ下がってしまうことになります。

でも、おかしいですよね。べつに自分の運転が原因で損害を被ったわけではないんです。事故率等が高い人だから等級は下がるんですから、自分が悪くなるのに1つとはいえ下がるのは納得いかないという人も多いかと思います。

ただ、これはデータ上、1等級下げないといけないほどの損害率の違いが認められるそうなんですね。旧制度では、等級すえおき扱いだったんですが、どうやらそれではデータ上のリスクと合わないために、等級制度の改定により1等級ダウンに変更されたのです。

盗難されたりする人は、盗難されやすいところに車を置いてしまったりする傾向があるとか、飛び石の窓ガラス破損の場合は、車間距離を十分に取らない傾向があるとか、そういったことが損害率の違いとして出てくるんですかね。あと、絶対にあるだろうと思ってるんですが、保険金詐欺もこの部分の損害率を高めている要因の1つなんじゃないですね。わざと知り合いに車を盗ませて、車両保険を使うなんている詐欺があるらしいですからね。もし、この予測が正しければ本当に迷惑な話ですし、それこそ不公平かと思います。

等級制度の改定により保険が使いにくくなった

事故をおこしてしまい、保険を使おうという場合、あまり小さな金額の損害で使ってしまうと、翌年以降の保険料が高くなることで、長期的に見た場合にかなり損をしてしまうということが考えられます。

例えば、自分の車を軽くぶつけてしまい、その修理代が5万円。車両保険を使ったとします。そのなのに翌年の保険料が等級が下がることで6万円アップしてしまったとしたら、保険使用の意味がなくなってしまい、だったら使わないほうが良かったということになってしまいます。

もちろん、こういったことが起こらないように保険会社の担当者も、事故の際には保険を使った場合と、使わなかった場合の保険料を提示するなどして、相談に乗ってくれるはずなので大丈夫なのですが、今後は保険を使わないほうが得だということがかなり増えてきそうです。

というのも、等級制度の改定により、保険使用のペナルティーがかなり大きくなってしまったからなんです。新制度では、保険を使用すると等級が3つ下がるだけではなく、事故有係数というものが適用され、事故なしの人と比べると同じ等級でも割引き率が2割前後低くなってしまうのです。保険を使用することによって、翌年の保険料が1.5倍程度になることも考えられ、以前よりも小さな金額での損害では保険を使いにくくなってしまっているのです。

これはどうかと思いますよね。小さな損害といっても、10万とか15万とかいう金額だったら、保険を使いたくなりますよね。この金額を自腹で払うのはなかなか大変なことです。だけど、保険を使ってしまうと、それ以上に保険料がアップしてしまうことも考えられるのですから、それくらいの損害では保険が役に立たないというシーンが発生してしまうのです。

こういった部分のことも考えて、等級制度の改定が行われたかどうかはわかりませんが、これを知らないことで車両保険を15万円という意味のない金額でつけてしまう人もいるでしょうから、もうこれはぼったくりのようなものです。

新等級制度が始まる

保険会社によって、開始時期は異なりますが、多くの保険会社で新しい等級制度の運用が開始されました。

旧制度の何が変わったのかというと、まず一番大きいのは、事故有係数というものができたことです。今までは等級が同じであれば、その前の年に事故があってもなくても、割引率は変わりありませんでした。でも、新しい制度では、保険を使うと事故有係数適用となり、事故がない人よりも、同じ等級でも割引率が低くなり、保険料が高くなるのです。(7等級以上の場合のみ)

もう1つ大きな変更は、すえおき事故が1等級ダウンになったということです。今までは、盗難だったり、飛び石による窓ガラス破損、落下物による損害で車両保険を使用する場合は、等級は据え置かれたのですが、新制度では1等級ダウンすることになります。

要するに保険を使った場合のペナルティーが以前よりも強化されたということです。

どうやら事故率などのデータを確認してみると、今までの制度では保険を使った人と使わなかった人で、不公平が大きかったんだそうです。事故をおこす確率が高い人には、その分多くの保険料を払ってもらおうという趣旨がありますから、今回その部分は修正したということになるわけですね。

事故なんて起こさないことが一番よいことは言うまでもありませんが、今後は保険料への影響がより大きくなりますので、さらに気をつけて運転し、事故を起こさないよう注意する必要がありますね。